生活関連情報(応急仮設住宅) 
 
仮設住宅の解体作業が終了し、もとのグラウンドに戻りました。

▲平成25年11月29日現在の農村広場の様子



 
仮設住宅の解体作業が再開されました。(4月5日)
昨年12月に応急仮設住宅の取り壊し解体作業が始まり、降雪により冬期間中断をしていましたが、4月5日より作業を再開しました。すでに、北野1棟と横倉2棟が解体済みですが、残りの住居棟と集会所、上下水設備を順次撤去していき、夏頃までには横倉は、もとのグラウンドに戻し、村民のスポーツ振興の場となる予定です。 



取り壊しが始まった仮設住宅(平成24年12月5日) 
昨年5月末に完成し、被災した村民の臨時の生活場所として役目を果たしてきた応急仮設住宅は、自宅の再建などがまだ終わっていないなどの村民がいる一部を残して取り壊し作業が始まりました。
 

▲横倉

▲横倉

▲横倉





 梅雨の晴れ間の仮設住宅(平成24年6月28日)
 
北野

▲北野
▲横倉

▲横倉

▲売店(横倉)


雪に包まれる仮設住宅(平成24年1月24日) 
北野

▲北野
▲横倉

▲横倉

▲売店(横倉)






雪囲いが完成(平成23年11月9日)し、本格的な積雪に備える仮設住宅
冬支度をすませた仮設住宅(北野) 

▲雪囲いで雪に備える(北野)

▲横倉

▲横倉

▲売店入口(横倉) ▲品揃えが充実してきた売店




横倉仮設住宅に、集会場と売店(がんばろう栄村・横倉店)が完成しました。
平成23年10月17日、横倉農村広場の横倉仮設住宅に集会場と売店が完成しました。仮設住宅にはいろいろな地区のみなさんが入居していますが、かねてから住民同士のコミュニケーションをとる場所がなく、集会場の建設が望まれていました。
また、集会場には、避難生活をする住民のみなさんから要望の強かった食料品などを扱う売店が併設されています。野菜や肉などの生鮮食品、乳製品、カップ麺などの食料品、各種飲料、調味料、洗剤などの日用生活品に及ぶまで幅広く取り揃えられています。今後、さらに品数が増やされる予定です。なお、この売店は栄村商工会により開設されたものです。
 
▲集会場

▲集会場の内部

▲売店入口

▲手頃な値段設定の野菜類

▲冷凍食品も扱う ▲調味料、日用生活品なども幅広く用意 




応急仮設住宅(仮設住宅)が完成
第1次分として建設されていた仮設住宅は、横倉農村広場グラウンド35戸、北野天満温泉駐車場5戸が完成し、横倉農村広場分は平成23年5月29日から、北野天満温泉分は、平成23年5月14日から入居が始まりました。また、第2次分として15戸(横倉農村広場)が追加されましたが、これも完成、入居も完了しています(仮設住宅・合計55戸)。

 仮設住宅の様子 (平成23年6月20日)

@横倉農村広場グラウンド仮設住宅35戸

A横倉農村広場グラウンド仮設住宅35戸

B北野天満温泉駐車場5戸

C横倉農村広場グラウンド(第2次追加分)15戸





↑このページの先頭へ