栄村震災復興特別基金事業 

 

復興基金は東日本大震災からの復興に向けて、被災団体が地域の実情に応じて、住民生活の安定やコミュニティの再生、地域経済の振興・雇用維持等について、単年度予算の枠に縛られずに弾力的かつきめ細かに対処できる資金として創設されたものです。長野県には総務省から10億円が交付され、その中から平成25年度に栄村へ5億円が交付され「栄村震災復興特別基金」として積み立て、各種の復興事業を行っています。詳細は、下記のとおりです。


 印刷はこちらから  213KB


  

 ↑このページの先頭へ