村内の小・中学校 

 村内にある小・中学校は、下記の通りです。
 ○栄小学校 

 ○栄小秋山分校
 ○栄中学校

 栄村奨学資金について 

 栄村奨学資金は、優秀な資質と向学心を持ちながら、経済的な理由により就学が困難と認められる学生・生徒の就学を援助し、社会の発展に寄与する人材を育成する目的で作られた学資貸与制度です。
 新規に貸与を希望される方は、下記の内容をよくお読みになり、十分ご家族と検討したうえで、奨学請願書他を村教育委員会へ提出してください。
 ○資金の貸与条件
  下記の条件にすべて該当する学生、生徒に貸与されます。
  1)高等学校以上に在学する学生、生徒(入学予定者を含む)
  2)栄村に居住または生活の根拠を持つ学生、生徒
  3)村奨学資金貸与申請をした学生、生徒
  4)貸与申請した学生、生徒を村育英資金運営委員会で審査し、その意見に基づき
    村長が奨学生と
して決定した学生・生徒(5月中に決定し各申請学生、生徒に
    結果を通知します。)

  5)村長の決定に基づき、借用関係手続きをした学生、生徒。(奨学生決定者には
    村教育委員会か
ら手続きの通知をします。)

 ○申請に必要な書類
  1)奨学生願書
  2)在学証明書及び合格通知書(写し)
  3)誓約書
  4)奨学金口座振替申出書
 
 5)収入状況調査承諾書
 ○資金の貸与期間・金額
  1)貸与期間  貸与年度から在学校の最短修学年限の終期までです。
  2)貸与金額  高等学校・大学・短期大学・専門学校等 月額3万円以内
 ○資金の返還方法
  資金貸与終了後1年間の据え置き、5年以内で返還してください。また繰り上げて返
  還することも可能です。

 

 就学援助制度について    

 就学援助制度は、子ども達が等しく義務教育を受けることが出来るように、経済的な理由により就学が困難な学齢児童・生徒の保護者に対し、学用品費給食費の一部を援助する制度です。
 ○対象となる世帯
  保護者の職業が不安定で生活が極めて困難な世帯など、経済的な理由により援助が
  必要な家庭

 ○援助の内容
  学用品費、新入学用品費、校外活動費、修学旅行費、スキー用品費、給食費
 ○支給回数・支給月

  年3回(8月、11月、3月)
 ○申請方法  
  在籍せいている小・中学校または教育委員会事務局にご相談ください。

 図書室について  

 役場庁舎2階に図書室を設置しています。約7700冊の蔵書と学習コーナー、パソコンによるインターネット検索スペース等を備えています。
 ○開館日
  1)平 日  午前8時30分〜午後5時00分
  2)土曜日  午前9時〜午後0時
  3)日曜日  午前9時〜午後0時
  ※平日は職員による開館。土日は図書ボランティアの皆さんによる開館です。
 ○休館日

  1)祝祭日(但し、土日と重複する場合は開館します。)
  2)年末年始 12月29日〜1月3日まで
  3)その他  各種行事のため臨時に休館する場合があります。
  (※詳しくはお電話等にてお問い合わせください。)
 ○利用者

  村内に在住または在勤の方でしたらどなたでもご利用になれます。
  また村外の方でもご利用可能ですが、借りる図書を返却可能な地域にお住まいの方
  とさせていただ
きます。
 ○利用される際のお願い

  1)本の借りる冊数、期間はどのくらいですか?。
     お一人につき2冊、期間は2週間です。
  2)本を借りるときにはどうするの?。

     借りたい本をカウンターにお持ちになり、利用者カードまたは利用者名簿に
     必要事項をご記
入ください。

  3)本を返すにはどうするの?
     返すときはそのまま本を図書室のカウンターに置いて頂くか、教育委員会事
     務局へお持ちく
ださい。休館日の場合は役場宿日直窓口へお渡しください。
  4)借りたい本が無いときは?

     カウンターにいる職員かボランティア、または教育委員会事務局へ借りたい
     本の題名等をお
伝えください。図書室になくても、県立図書館で蔵書してあ
     れば、借りることが可能です。(詳しくはお問い合わせください。)

  5)学習コーナーについて  
     図書室にある本を使っての調べ物や学習のためのコーナーです。
     利用される際
は他の利用者の迷惑にならないようお願いします。
  6)インターネット検索スペース

     わからない事を調べるためのパソコン2台があります。利用される際は以下
     のことにご注意
ください。

  (1)設置してあるパソコンは様々なことを調べるために使うものです。遊びに使
     うものではあり
ませんので注意してください。

  (2)設置してあるパソコンではフロッピーディスクやCD−ROM、USBメモ
     リなどの記録媒
体は使用できません。

  (3)設置してあるパソコンを故意に故障または破損した場合、復旧するための費
     用をご負担いた
だく場合があります。
  7)その他

     図書室内では飲食はできませんので、ご注意ください。また他の利用者の迷
     惑にならないよ
うお願いします。



このページの先頭へ