長野県の最北端に位置する栄村・・・・・
山々に囲まれたこの地域は、積雪量が日本一(1945年2月12日・7m85cm)を記録したこともある日本有数の豪雪地です。
村の北部を流れる千曲川沿いの野々海高原や温泉施設には、四季折々、アウトドアを楽しむ人々が訪れます。また、村の南部にそびえる苗場山、鳥甲山、佐武流山には登山愛好家のみなさんも訪れます。これらの山々に挟まれた細長い山峡「秋山郷」は、江戸時代の文人・鈴木牧之の著した「秋山記行」で初めて世に紹介されました。今でも先人の知恵と技を受け継いだ独特の文化が根強く残っており、村の随所にその歴史の重みを感じることができます。東京などの首都圏からわずか2、3時間で訪れることのできる雪と森林(もり)と人情の村、魅力あふれる「栄村」を是非、一度おたずね下さい。
栄村の位置図
村内の道路情報へ
アクセス(交通のご案内)はこちら
ドライブルート検索へ

↑このページの先頭へ