ホーム>  苗場山麓ジオパーク ジオサイト一覧>  ジオサイト巡り/石器として利用された岩の露頭

 

 石器として利用された岩の露頭
 種別  地質
所在地  長野県下水内郡栄村中野 北緯/36:56:38.249910  東経/138:34:25.042298
 アクセス  栄村役場から車で25分  
 
北野天満温泉

連絡先  栄村役場 観光係   ℡025-767-2202
 (秋山支所)
栄村秋山郷観光協会   ℡0269-87-3333
約150万年前~100万年前、志久見川流域や毛無山付近でも火山活動が始まり、その噴出物が古信濃川に流れ込みました。これらの溶岩の中には、無斑晶ガラス質安山岩と呼ばれる黒く光る岩石が含まれ、一部は志久見川沿岸で露頭として確認することができます。その岩石は、旧石器時代、縄文時代に、加工しやすく刃物として使用するのに非常に鋭利になることから石材として多く利用されていました。この志久見川沿岸にそれらを使用していた人々が暮らしていた、いくつかの遺跡が形成されています。無斑晶ガラス質安山岩は、中野の露頭や長瀬の川原で見ることができます。旧石器時代の加用中条A遺跡は、この安山岩を使った石器製作遺跡です。さらに、今から15,000年前の縄文時代草創期の遺跡である横倉遺跡からは、無斑晶ガラス質安山岩製の石槍が10数本まとまって出土しています。
現在、この岩石は流水のはたらきによる爪を立てた模様をもつ「爪石」として、庭石に使われるなど、石の愛好家に珍重されています。
 
 


                                   
 前のジオサイトへ  




  ジオサイト巡り一覧の
トップページに戻る
 
 次のジオサイトへ

栄村役場
info@vill.sakae.nagano.jp  

〒389-2792 長野県下水内郡栄村大字北信3433番地 栄村役場 
 代表 TEL 0269-87-3111/050-3583-2111 
   FAX 0269-87-3083
観光係  TEL 025-767-2202
   FAX 025-767-2276

掲載画像や記事などの無断転載を禁じます。

 All Rights Reserved, Copyright© Village Sakae.