ホーム> 苗場山麓ジオパーク ジオサイト一覧> ジオサイト巡り/石落し

 

 石落しいしおと)
 種別  地質
所在地  新潟県中魚沼郡津南町秋成 北緯/36:57:31.835547  東経/138:39:19.176908
 アクセス  津南町役場から車で10分 
  有
(見玉集落)
 有 30台  連絡先 

津南町観光協会   ℡025-765-5585

中津川の中流、左岸を覆い尽くす見事な柱状節理の発達した岩屏風(いわびょうぶ)があります。この柱状節理は、中津川両岸で見ることができ、かつてこの溶岩が繋がっていたことを示します。中津川の浸食を受け、現在の様相となっています。川の浸食の強大さを目の当たりにできるスポットです。この岩屏風は対岸の見玉(みだま)集落から一望でき、上から赤土層、柱状節理岩肌、(一部赤土層)崩落礫堆積層に大きく分類されます。この柱状節理層は苗場山第Ⅱ期溶岩です。およそ、崩落礫堆積層の最上部あたりに日本海堆積物である魚沼層群の上層トップがあります。この魚沼層群や赤土層は地下水を通しづらいことから、柱状節理層と魚沼層群や赤土層との層理面に湧水地点が形成します。雪どけ時期になるとゴーゴーと音を立てて、龍の口のような湧水地点から地下水が流れ落ちます。また、早春の雪どけによって雪や水とともに柱状節理の岩や魚沼層群が崩れ、ガラガラと音を立てて落ちることから「石落し」という名がついたそうです。また「石落ち」とも呼ばれています。 馬龍窟橋から、この石落しを眺望すると、その左手上の峯から流れ落ちて堆積した第Ⅱ期苗場溶岩の全体を観察することができます。


 
 


                                 
前のジオサイトへ





ジオサイト巡り一覧の
トップページに戻る
 次のジオサイトへ 

栄村役場
info@vill.sakae.nagano.jp  
 
〒389-2792 長野県下水内郡栄村大字北信3433番地 栄村役場 
 代表 TEL 0269-87-3111/050-3583-2111 
   FAX 0269-87-3083
観光係  TEL 025-767-2202
   FAX 025-767-2276

掲載画像や記事などの無断転載を禁じます。

 All Rights Reserved, Copyright© Village Sakae.